北海道自然観察協議会は自然観察指導員の集まりです。

北海道自然観察協議会

 

自然観察会


 地域の自然観察会のほか、『夏休み親子自然体験』は、初めて札幌市北方自然教育園で開催しました。

森、水辺の生き物の観察・採取に夢中になった子供達

~『親子夏休み自然体験』~

 2017年8月6日(日)、札幌市南区白川にてある札幌市北方自然教育園で行いました。遠くは蘭越町から、また近くは札幌市から4家族12人(うち子供7人、大人5人)が参加しました。真夏の炎天下、森に水辺に生き物を観察採集する子供たちの歓声が響き渡りました。

 


道すがら目立つ木々や花、昆虫などを判り易く紹介説明していきましたが、子供たちは興味のある生き物を見つけたら、立ち止まって熱心に観察していました。

水辺の生き物の観察では、池でトンボ類、魚類、水生昆虫類等に網を持って探し回って採集しました。お蔭で、ドジョウ、ヤゴ、マツモムシ、コオイムシ、モノアライガイ、サンショウウオなど様々な生き物を採集することができました。
森と水辺で見た感じた生き物をビンゴゲームで出し合うとともに、採集した水辺の生き物を水槽に入れて気に入った生き物を画用紙に描きました。水槽には多種類の生き物がいましたが、ドジョウを描く子供が多かったようです。最後に子供たちにスケッチを示して、感想を一言話してもらい終わりました。
↑ページトップへ