北海道自然観察協議会は自然観察指導員の集まりです。

北海道自然観察協議会

お問い合わせ

2017年4月の行事一覧

「旭展望台」観察会

開催日 2017年04月29日(土・祝)
観察地 小樽市 旭展望台周辺~小林多喜二碑
テーマ 春一番の草花を訪ねて(キクザキイチゲ、エゾエンゴサクそして見事なカタクリの群落を訪れます)
穏やかな天気でした。 小樽商業高校から旭展望台に続く車道脇は、例年に比べて雪解けが早く、エゾエンゴサク・エンレイソウが顔を出し、オオウバユリは光沢のある葉を大きく広げていました。カタクリハムシも見つけることが出来ました。エゾイラクサの群落ではその名の由来が話題になりました。お目当てのカタクリ群落に到着してまず驚いたことは、ササの侵略でした。 風倒木が目に付き、明るい林、乾燥化が進行しているように見えました。もしこの先もササの侵略が続くようだと、寂しいなあと思いました。 解散場所の小林多喜二碑前では、本間指導員による解説が恒例です。朗々と読み上げられる碑文を耳にし、深い感動に包まれました。観察会というのは、動植物以外の要素がとても大切だと思うのです。 思い思いの散策を楽しみ、スプリングエフェメラルの儚さと、植物の生命力に感動した観察会でした。

エゾイラクサ

オオウバユリ

カタクリ

小林多喜二碑前にて
2017年4月29日