北海道自然観察協議会は自然観察指導員の集まりです。

北海道自然観察協議会

お問い合わせ

2017年4月の行事一覧

「①春編」街中の自然「五ノ戸の森」観察会

開催日 2017年04月30日(日)
観察地 札幌市北区篠路 五ノ戸の森緑地
テーマ 春の妖精“スプリングエフェメラル”からエネルギーをもらおう!
2年ぶりに五ノ戸の森観察会をしました。屋敷林と伏古川河畔林が整備されて、1999年に緑地公園となり、茨戸~百合ヶ原公園を繋ぐ貴重な緑のかたまりです。 寒さも強風も森の中は穏やか。大木・実生の若木・雄花雌花・蕾・展葉・木肌を真近で観察しました。(ケヤキ・ハルニレ・カツラ・ミズナラ・カシワ・トチノキ・ヤマグワ…) 林床はオオハナウド・オオウバユリ・バイケイソウ・トリカブトが群生し、アズマイチゲ・カタクリ・キバナノアマナ・エンレイソウ・オオバナノエンレイソウ・シラネアオイ・エゾエンゴサクは白~青紫色が咲いていました。 空中ではアオサギが枝をくわえて飛び、カラスとトビ、カラスとアオサギの攻防があり、マヒワは群れてシラカンバの小枝にぶら下がったり、ひっくり返った姿で花芽を啄ばんでいました。 最後に巣から落ちて潰れたアオサギの卵を広げて見ました。鶏卵Mサイズ大で、空色の殻、内膜は厚く、内側に幾筋か血管の跡があり、生々しくも興味ある観察でした。 住宅に囲まれ、倒木が目立ち荒れてきた観察地の変化を案じながら解散になりました。
2017年4月30日