北海道自然観察協議会は自然観察指導員の集まりです。

北海道自然観察協議会

お問い合わせ

2011年3月の行事一覧

報告 「突硝山」観察会

開催日 2011年03月27日(日)
観察地 旭川市 突哨山
テーマ 春の突硝山 かんじきで歩く
突哨山公園は、旭川にいくつかある公園の一つで。隣町の比布町にまたがるエリアです。

高度成長期の末期にゴルフ場になる予定が、国内最大級のカタクリ群生地等の保護のため、市民運動により保全がなされた公園です。

指定管理者はNPO 法人-森林再生ネットワーク北海道(略称)もりねっと。

旭川市・突哨山公園運営協議会・もりねっとの3 者が調整・運営に当たっています。現在も整備継続中。

今回は、こうてんにめぐまれ、国道40 号線より北側のカタクリ広場側の突哨山公園をスノーシューで散策。

春にはカタクリの花咲く場所も残雪期の今は雪の下でした。

スノーシューで移動
剪定ばさみやナタで散策路の手入れをしながら進む

時々鳥の声に耳を傾ける
キバシリSV、ハシブトガラV、コゲラV (V視認、Sさえずり確認)

抜け殻(エゾゼミ?それとも赤蝦夷ゼミ?)
何故かほとんどがシラカンバに付着していた

この冬芽はコマユミ、あっちはミヤマガマズミ
ヤマウルシが多かった

植生の違いを比べてください
こちらが一度表土を取られたところです

歩いたコースです
緑が下見、赤が本番
2011年3月27日